機能改修内容のお知らせ【10月6日更新】

202292619時より、電子単位の発行(ダウンロード及び印刷)を再開いたします。

それに伴い、電子単位の真正性を担保するため、以下3点の機能改修を行っておりますので、ご確認ください。

 ※画像付きの詳細はコチラの添付資料でご確認いただけます

※機能改修により変更となった電子単位発行手順についても、機能改修内容詳細の後に記載しています


【機能改修内容詳細】

(1)電子単位に発行先プロバイダを追記

  1)電子単位発行時、認定薬剤師等の申請先プロバイダを選択します。

一旦申請先プロバイダを選択して電子単位を発行すると、その後申請先プロバイダを変更することはできません(ここで選択するプロバイダは、認定申請をする先のプロバイダです。受講して単位を取得したプロバイダではありません)。誤った申請先プロバイダを選択すると、単位が受理されない可能性がありますので、選択には十分注意してください。(他の電子単位発行時には、別プロバイダを選択することができます。)


2)電子単位に、認定薬剤師等の申請先プロバイダが明記されます。


(2)PLESO-Nearからの電子単位の再発行停止

機能改修前は、電子単位の発行後にPLESO-Nearから電子単位の再発行ができましたが、今回の機能改修により再発行はできなくなりました。

※電子単位はPDF形式で発行されます。

※上記の通り、電子単位は再発行できませんので、認定申請が受理されるまでの間、PDFファイルはパソコン等に保存しておくことをお勧めします。


 

(3)「認定単位一覧 兼 受講証明書」と「単位証明書」の同時印刷

機能改修前は「認定単位一覧 兼 受講証明書」と「単位証明書」は別々に発行する必要がありましたが、機能改修後はワンクリックで同時に印刷(同一のファイルで出力)されます。

尚、それぞれの帳票の位置づけは以下のとおりです。


・認定単位一覧 兼 受講証明書 : 発行された単位の一覧、及び従来の研修手帳・単位シールの代替品

・単位証明書 : 単位が発行された講座毎に単位を証明する文書


※認定薬剤師申請をする際、原則上記書類を全て印刷し、申請に添付する単位として提出してください。

※申請先のプロバイダによっては、「認定単位一覧 兼 受講証明書」のみの提出でよい場合もあります。申請先プロバイダの指示がある場合には、その指示にしたがってご提出ください。


【電子単位発行(印刷)手順】※ログイン後の手順です

(1)メニューより「履歴・取得単位照会」のページへ

(2)発行する単位の受講日を含む「受講期間」を入力(Fromだけで構いません)し、検索をクリック

(3)発行したい単位の受講履歴左端にあるチェックボックスをチェック(複数選択可)

(4)画面右上「単位証明書印刷」をクリック

(5)発行先(認定薬剤師等の申請先)プロバイダを選択し、同意チェックボックスにチェックして印刷

(6)発行されたPDFを印刷し、申請に活用(申請終了までPDFは保存を推奨)

※スマートフォン対応となっていますが、機種やOS、ブラウザの違いにより発行できない場合もございます。そのため、現状ではパソコンでの発行を推奨しております。